オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
お尻を温める

男女問わず、多くの方が発症している病気として痔があります。
この病気は、肛門またはその周辺に対して様々な症状をもたらすという特徴があり、国内では3人に1人が発症しています。
発症してしまう原因というのは色々と存在しており、便秘や下痢といった排便に関する事や長時間同じ姿勢でいたため、またはストレスや疲労など影響している場合もあります。
さらに、食生活や生活習慣が原因で発症してしまう場合もあるのです。
このように複数の原因があるため、誰もが発症してしまう可能性がある病気となっています。

3種類の症状について
痔というのは主に3種類のが症状があり、それぞれに異なっています。
1つ目が、肛門の内側や外側にイボができてしまう種類の症状です。
イボが内側にできてしまった場合には、気づくまでに時間が掛かりますが、外側の場合は触れる事ができるため自覚症状があります。
痛みが伴う事もあれば、そうでもない場合もあるのが特徴となっています。
2つ目が、肛門が裂けた事によって出血してしまう症状です。
排便時に痛みがあり、拭く際に血が付くのが特徴となっています。
3つ目が、細菌に感染し肛門周辺が赤く腫れ上がる症状です。
強い痛みがあり、化膿して膿が溜まるのが特徴となっています。
このように、この病気には3種類の症状があります。

トイレ・切れ痔

痔になってしまった場合、早く治すためにも改善策を取らなければなりません。
そこでまず行う必要があるのが、食生活と生活習慣の見直しになります。
というのも、一度改善したとしても、それらの事を見直さなければ再発してしまう可能性があるからです。
また、悪化させてしまう事を防ぐためでもあります。
従って、食事は偏ったようにせずバラス良く食べるようにし、さらに夜更かしなどをしないで規則正しい生活をする事が大切になります。
また、辛味の強い刺激物は症状を悪化させてしまう可能性があるため、控えるようにする必要があります。
以上のような事を気をつける事で、痔を改善し再発を防ぐ事ができるようになっています。

トイレ・イボ痔

痔の症状についてお話していきます。
主にある症状が座った時にお尻が痛くなるというのがあります。
特にトイレで力んでしまいますとかなりの痛みがでてくる場合があります。
ひどくなってしまいますと、その痛みも頻繁に感じるようになってきます。
他にもトイレで排便を出した時に血がでてしまう事があります。
この2つの症状が出た時には痔の可能性がありますので、対策をしていく必要があります。
ただし、他の病気の可能性もありますので、念のため病院に行きます。

市販の薬を利用する
この病気の改善方法としては、市販の専用の薬をお尻の穴の中に塗っていく方法があります。
薬を塗る時にはきちんと患部部分に塗っていく事が大事になってきます。
最近は市販の薬においては効果がでやすい薬が増えていますので、市販の薬でも十分改善できる可能性があります。
どの薬を利用すればいいのか分からない時は、薬剤師の人に聞きます。
薬局やドラッグストアには薬剤師がいますので、症状を伝えてアドバイスをもらうようにします。

病院に行って治療
痔になってしまった時に一番有効な手段が病院に行って治療していく事です。
病院でわたされる専用の薬はかなり高い効果を発揮します。
市販の薬が効かなくても病院の薬が効くケースも多いです。
また、きちんと患部の状態を見てくれますので薬で治るのか、手術が必要なのかをきちんと判断してくれます。
そしてベストな治療をしてくれますので安心感があります。
一番改善できる方法になってきます。
どうしても早く改善したい人は病院に行くようにします。